クッキーの簡単な作り方・レシピと豆乳クッキーとおからクッキーなどダイエットもあるよ

クッキーの種類とクッキーの作り方・レシピ

クッキーの秘密

サクサクのクッキーを作る

クッキーは、まずバターにしっかり空気を含ませると良いですよ。

バターに 空気を含ませる

電動泡だて器で白っぽくなるまで クリーム状に柔らかくなったバターに 空気を含ませる。 美味しいクッキーが、目に見えますか?(笑)

砂糖を控えめ?

いいえ。

いいクッキーは、砂糖を控えめにしないことです。

バターと砂糖がサクサク感

特に、バターと砂糖がサクサク感を出すので、 クッキーでは、この二つはケチらないでね!!

チョコチップクッキー

じっくりダイエットと続けるための150カロリー!。 それがクッキーが、させてくれます。

2週間くらい食べない

いくらクッキーでも、大好きなチョコレートを 堰を切ったように食べてしまう。
それでは長期的な維持はなかなかできませんよね

3週間目の維持期からは

チョコチップクッキーのデザートを作ってみましょう。 他のクッキーでも、もちろんいいですよ。

総カロリー量が要注意!

クッキーだけでなく、 1日の総カロリー量が、おやつによって増えてしまわないよう、 デザートのカロリーも決めて、組み込んで計算します。 たとえば1日トータル1400カロリー、おやつは200カロリー前後としています。

例えばおやつアイテムは

  • チョコレートトリュフ1個とコーヒー 120-200Cal(商品によります)
  • チョコムース(市販の1食分パック:チルドセクションにある)100Cal
  • 上質な黒糖1−2かけ(15g=60Calくらい)

そして、大事なことは

どれも150Cal前後で、インパクトがあるものなら、いろんなクッキーがあるなー、と感じられ、無理なくできるような気がしませんか?

クッキーなど満足感があってカロリーや栄養にあったものを決めたら、 そのクッキー以外のお菓子、スナックはいっさい買わない、置かない。これが大切なポイント。 あまり、「意思の力」には頼り過ぎないというのが、長期継続のコツです。

このクッキーの秘密は

  • 砂糖の替わりに、Splenda(温度を上げても味が変わらないノーカロリーシュガー)を使用
  • 風味のために黒糖を少し足す
  • バターは1部のみ使用
  • 残りは水分を抜いたヨーグルトを使用
  • チョコチップは本物をしっかり使い満足度を上げる
しっかりカロリーを下げつつ、クッキーの美味しさで満足感をキープして 安心&満足な仕上がりになります。

秘密のクッキーの材料 大き目10個分

  1. 小麦粉(普通のもの)1カップ
  2. ベーキングパウダー 小さじ半分
  3. 塩 小さじ半分

  4. 黒糖(粉状)大さじ2
  5. バター 大さじ2
  6. 水切りした低脂肪ヨーグルト* 60g
  7. Splenda〔ノーカロリーシュガー)1カップ
  8. バニラエッセンス 小さじ1

  9. 全卵1個
  10. 卵白1個分
  11. チョコレートチップ〔小粒)半カップ

秘密のクッキーの作り方

  1. オーブンを170度に暖めておく
  2. ボールに材料の1−3をまぜ、ふるっておく
  3. 別のボールに材料の4−8をハンドミキサーでなめらかになるまで混ぜる
  4. 3のボールに卵、卵白を入れハンドミキサーのスピードを下げて混ぜる
  5. 4のボールに、2のボールをさっくり混ぜる
  6. チョコレートチップを加え全体に混ぜる
  7. クッキーのタネを油をうすくひいた天板に10個に分け(1個大匙山盛り1くらい)載せる
  8. 約13分焼くとできあがる
  9. 金網の上に載せて、冷ましたら、保存容器に入れてしまう
これで、1個約100カロリーです。




相互リンク
このページの情報は
2006年 9月 3日23時26分
このページのトップに戻る
Copyright 2006 クッキーの種類とクッキーの作り方・レシピ All rights reserved.